【新卒・フリーランス駆け出しは必見】中長期目標の決め方はコレ!

中長期計画の立て方 勉強

こんにちは、アキホです。

 

機械/電気 修士卒で、現在自動車開発に携わっています。

理系ならではの観点から、理論立てて紹介していきたいと思います。

 

今回紹介するのは

【新卒・フリーランス駆け出しは必見】中長期目標の決め方はコレ! 

 

こんな事に興味のある方に読んでいただければと思います。

  • フリーランスを目指しているけど、目標は立てるべき?
  • 新社会人になったので、今後の目標を立てたい
  • ホリエモンが言っていた【中長期計画は無意味】の真相は?
  • 新規機能開発での中長期戦略策定に悩んでいる

 

この要素に対して、

自動車開発フローの知見と、研究で培った研究開発の実態を踏まえ

中長期目標の立て方を図を用いて解説していきます。

 

ちなみに、この記事を書いたきっかけは

ホリエモンがおっしゃっている

【中長期目標を立てるべきではない】がどうもしっくり来なかったからです。

 

結論としては

私の読解力の欠如が問題だったのですが、

真意を理解する事に苦労したので備忘録としてまとめておきます。

 

では、解説をしていきます。

 

目標を立てるメリットは多数ある

目標を立てる意味はある

 

個人的に目標を立てる事はメリットは多いと感じています。

その理由をゆるゆると書いていきます。

 

目標がないと、どこに向えばいいかわからない

 

まず目標を立てないと、方針が決まらないと思います。

 

開発・製作においては、

具体的な目標がないと、動きがバラバラ

になってしまいますよね。

 

例えば、

自動車の燃費を5%良くする

という目標がないまま、開発を進めると

 

エンジンは燃費を2%良くするために設計し

ボディーは燃費を10%良くしようと設計する。

 

車一台分としては統率が取れなくない開発になってしまいますね。

 

開発の目標を立てないと

開発の無駄が多くなり、非常に非効率です。

 

開発の無駄

 

目標達成は自己肯定感アップ

 

まず、

目標を達成するとシンプルに嬉しいですよね。

 

さらに、目標に対して

マイルストーンを置いてあげる事によって、

  • 自分の進捗度もわかりやすくなる
  • 何をやればよいか明確化することでタスクに集中できる

ため、効率的ですし、精神的に安定します。

 

また、マイルストーン毎に達成感があるので

自己肯定感がアップし、幸福度が高まると思います。

理想的開発

 

長期目標は人生の難易度を高くする

未知の推測は無理です

 

でも、長期すぎる目標は

確かに精神的にきついです。

 

その理由を書いていきます。

 

長期であるほど、新規ビジネスほど、計画通りいかない

 

未知領域があればあるほど、

タスクの抽出の難易度が上がります。

 

なぜなら、

未来の出来事を予測するための材料がないからです。

 

事実、

あなたは100年後の世界を正確に予測できないですよね。

 

そして、従来描いてた計画に対して

思わぬ障壁やタスクがあると、そのたびにスケジュールを引き直す(リスケ)必要があります。

 

この

リスケが頻発するほど、

自分の計画性がないのだと落胆し、自己肯定感が下がっていきます

 

大きな目標ほど自己肯定感を下げる

 

長期であるほど、目標が大きくなっていきます。

 

なぜなら、それだけ時間をかけられるので、人間は強欲になります。

 

あなたは、30年後どれだけ貯金できるか?と問われると

5万とか10万とかあまり言わないですよね。

 

しかし、その強欲さが故、

現実と目標のGAPに落胆します。

 

ここも自己肯定感が下がりますよね。

 

こんなに頑張ったのに、目標とかけ離れているものしか出来なかった。

私には向いていないと。。。

長期目標は不幸になる

目標に踊らされ、手段の倫理性を見失う

 

これは、

一時期Volkswagenで有名になった排ガス不正が分かりやすいですね。

 

高い目標である排ガス削減の数字に踊らされ

本質的な部分を見失っている状態です。

 

客観的にみると、

こんなバカな事を私はしないと思っちゃいますが、

 

高い目標とそれに対する進捗の悪さが伴うと、

どうしても、本質的な部分を考えなくなるんですよね。

 

 

色々と長期目標のデメリットを書いてきましたが、

結局、長期目標が無いと計画が立てられないですね。

 

長期目標はふわふわがコツ

中長期計画はふわふわ

 

結論として、

【自分が楽しそう】と思えるふわふわしたモノに対して、短期目標を立てる

のがよいと思います。

 

イメージはこんな感じ。

中長期計画はふわふわがおすすめ

 

で、うまくいかなきゃ

無理にその手段、目標に固執しない事が大切。

 

そして、固執しないためには、選択肢をたくさん確保すること。

 

なので、ふわふわ感は大きければ大きいほどいい

 

例えば、私の場合

セブ島で不労所得が1000万を目指す!

ではなく、

暖かいところで、不自由なく、まったり暮らそうかなぁ

みたいな感じです。

 

そして、なんとなーく進めていると

大体落としどころが分かってきます。

落としどころはこんな感じ

 

落としどころの例えは

海外・沖縄は家賃が高くて厳しそうだから鹿児島で暮らす。

収入は300万しかないけど、固定費が150万だから暮らしていけそう。

見たいな感じ。

 

セブ島で不労所得が1000万を目指す!

だと当初の目的との差から、自信をなくしますが、

暖かいところで、不自由なく、まったり暮らそうかなぁ

だとそんなに差はないですよね。(笑)

 

長期目標は過去の経験から

このように立てておくと、人生の難易度を下げられると思います。

 

ぜひ皆さんもこのマインド試してみてください。

 

今回はここまでにします。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました