【マナブログ推薦】20歳の自分に受けさせたい文章講座【まとめ】

20歳の自分に受けさせたい文章講座 勉強

こんにちは。アキホです。

 

機械/電気の大学院卒で、現在自動車開発に携わっています。

理系ならではの観点から、理論立てて紹介していきたいと思います。

 

今回は、

【マナブログ推薦】20歳の自分に受けさせたい文章講座【まとめ】

です。

マナブログ推薦図書

 

この著書はあのベストセラー

【嫌われる勇気】

で有名な古賀史健さんが書かれたものです!

 

この本を読んでみて、こんな方向けに一部内容を抜粋しながら書いてみました!

・職場でのコミュニケーションがうまく取れなくて悩んでいる。

・論文を書く上で、研究結果をうまく書き出せない。

・これからブログ書いていきたいんだけど文章力に自信がない。

 

これらへのアプローチとして

本で得た内容を簡潔にまとめ、書く技術を共有していきます。

 

事実として、

この本はマナブさんをはじめ、LANCERSなどのクラウドソーシングで執筆活動をしている有名YOUTUBERの方々まで読まれている本です。

 

では、解説していきます。

 

書こうとするな。翻訳せよ。

書くな。翻訳しろ

 

この本の筆者はこう言っています。

頭の中の「ぐるぐる」を翻訳したものが文章なのである。

 

ちなみに、

ぼんやりとした”感じ”や”思い”が駆け巡るさまを「ぐるぐる」と表現しているようです。

 

 

皆さんは、自分の頭の中のイメージに対して、実際に自分が伝えた事とのギャップが大きかった出来事はありませんか?

 

私は研究室や会社で技術的な説明を求められたときに、中々内容を理解してもらうことが出来ず、言わば炎上状態になってしまった苦い思い出が多々あります。

 

自分は簡潔に伝えているつもりなのに、なぜ相手はそこまで理解に苦しんでいるんだろう?と思っていました。

 

しかし、この本を通じて

伝わらない原因は、頭の中の「ぐるぐる」を翻訳し切れていない事だと気づいたわけです。

 

そもそも、こういった文章力向上の類は、私のような技術職には関係のないものだとばかり考えていました。

 

【書く→理解】分からないことがあったらまずは書こう

まずは書こう

 

先ほどの題目とややこしいので、一旦説明します。

書くのではなく、翻訳!と言っておきながら、理解するためには書くのか。。と思った方も多いでしょう。

 

まず、ここで言う書くという作業は二種類に分けられると思います。

  • 最終的な成果物を作成するための書く作業
  • 「ぐるぐる」を翻訳、理解するための書く作業

 

この本では、

【最終的な成果物を作成するための書く作業】ではなく、【「ぐるぐる」を翻訳、理解するための書く作業】を推奨しています。

 

 

では、なぜ書くことが理解につながるんでしょうか?

ここでは紹介しきれないほどのボリュームなので、私が最も感銘を受けた2つの方法について紹介します。

 

接続詞を用いた論理判断

 

頭の中の「ぐるぐる」を正確に翻訳するためには、論理破綻しないように

論理を順序立てて組み立てる必要があります。

 

具体的には、以下の方法を試してみてください。

  1. 主張するための要素を書き出します。
  2. 要素を結びつけるために、接続詞で連結します。
  3. 接続詞がつけにくい要素が存在した場合、補完するための要素が必要です

 

分かりにくければ、具体例を出して考えてみます。

  1. 主張するための要素を書き出します。
  • 企業のリストラが進み、日本の終身雇用制度は崩壊した。
  • 能力主義の浸透は、若手にとっては大きなチャンスである

 

  1. 要素を結びつけるために、接続詞で連結します。
  • 企業のリストラが進み、日本の終身雇用制度は崩壊した。
  • したがって?そして?しかし?
  • 能力主義の浸透は、若手にとっては大きなチャンスである

 

  1. 接続詞がつけにくい要素が存在した場合、補完するための要素が必要です
  • 企業のリストラが進み、日本の終身雇用制度は崩壊した。
  • そして、終身雇用制度の崩壊から、個の力を求める能力主義へと偏移していくだろう。
  • なぜなら、企業としては会社にしがみついている能無しを解雇しやすくなるため、企業にプラスとなる人材を求めるからだ。
  • しかし、能力主義の浸透は、若手にとっては大きなチャンスである

 

このように、要素間に接続詞をつけられない場合、論理破綻している可能性が高い。

つまり、「ぐるぐる」を翻訳しきれていないのです。

 

【主張】には【理由】と【事実】を紐づけよう

 

どんなやり取りにせよ【主張】はあるはずです。

 

例えば、

  • サッカー日本代表は次のW杯でベスト8に入る。
  • 大相撲の人気回復策として、ナイター制の導入を提案したい。

など。

 

このような主張に対して、多くの人は理由だけで満足している人が多いのだという。

 

例えば、

サッカー日本代表は次のW杯でベスト8に入る。

なぜなら、2010年にはベスト16になった。

そして今の日本代表は、当時と比べものにならないほど強くなっている。

 

この文章でも言いたいことは伝わるのだが、主観的すぎて主張する根拠が乏しいですね。

 

そこで、事実として

今は代表メンバーの半分以上がレベルの高いヨーロッパでプレーをしている。

という一言を添えるだけで、主張に対して根拠が増すのです。

 

自分に当てはめてみると

過去のツイートでも理由は書いているものの、事実が足りていないため、主観的な文章になっていますね!(笑)

 

付け足すとすれば、

実際にマナブさんはアフィリエイト、YOUTUBE、情報商材とリスク分散が出来ており、

あれだけデマを書かれてもいつもの顔文字で冷静に対処できるんでしょうね。

ですかね?(笑)

 

さて、今回はここまでにします。

ご覧いただきありがとうござました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました